EPAとDHAの効能と含有食材まとめ!バストアップにも良いワケ

PAやDHAってサプリメントで手軽に摂れるとして
注目も浴びている成分ですが、一体どんな働きがあるのか?
って結構よく分からない方も多いともいます。
よく似てるけど、ちょっと違うEPAとDHAの効能や多く含む食品と、
どういう部分がバストアップにもつながるのかをお話しています。


EPA

血液をサラサラにしたり、血管をしなやかにします。

EPAの主要な働きとは?
  • 血小板の凝集を抑える
  • 血管を拡張して血行を良くする
  • 弾力としなやかさのある血管を保っていく
  • 血液の中の中性脂肪を減らす
  • 悪玉コレステロールを減らして善玉コレステロールを増やす
  • アラキドン酸の働きを抑えて、癌細胞の発生や増殖を防ぐ
  • 血栓を溶かす
EPAが多く含まれている食べ物って?

はまち いわし さば うなぎのかばやき など

効率よくEPAを摂る方法!

一番効率的にEPAを身近な食材から摂取する方法は
「刺身」でいただくということ。
EPAっていうのは、魚の脂部分に含まれている栄養素なので、
焼いたり調理したりすることで、脂が出てしまいますよね。

フライはおいしいですが、半分以上のEPAが溶け出してしまうので、
もったいないです。

EPAは多価不飽和脂肪酸で、体の中でも酸化しやすい性質があります。
それを防ぐために、ビタミンEやβ—カロテンの多い食材と一緒に
摂取すると、かなりよいですね^^

EPAの作用がなぜバストアップにも有効なのか?

これは、他のページでも散々お伝えしてきましたが、
バストアップには血液循環がかなり必要なのです。
バストの細胞を刺激するホルモンをバストまで運ぶのは血液。
栄養や酸素をバストの細胞に届けるのも血液。

だから血液の流れが悪いとバストアップも思うように進まないわけです。
ですので、お魚に含まれるEPAも見逃してはならない栄養素ですね^^

最後に、一番効果的なEPAを含む魚の見分け方!

これは…「旬の魚を食べる事!」
旬の魚は脂がのっていて、おいしいですよね?

つまりその脂はEPAの宝庫なので、旬!
ま、何でも旬の食材を食べるのが一番栄養価が高いといわれますが。

 

DHA

DHAは脳の機能を活性化する多価不飽和脂肪酸で
ドコサヘキサエン酸と言われています。
前のページのαリノレン酸を含む食材を摂ると、体の中で
EPAからDHAに変換されて作られます。

■DHAの主要な働きとは?

脳の機能を活性化させて、記憶力などを高める
精神の安定
アレルギー疾患や炎症改善
癌の発生や増殖を抑える
血液中の中性脂肪を減らす
悪玉コレステロールを減らして、善玉コレステロールを増やす
認知症予防
血小板の凝集を抑えて、血栓や動脈硬化を予防

■DHAのバストアップの効果とは?

DHAは脳の神経細胞の活動を活性化させる作用がありますので、
情報伝達をスムーズにします。
これによって、精神が安定すると、
自律神経の乱れにもよい作用が起こり、
ストレスがちの方の女性ホルモン分泌の乱れや低下を防ぐことに・・。

女性ホルモンのバランスを保って正しく分泌することは
バストアップに必須ですので、こういう部分も重要ですね!

■DHAが含まれている食材

ウナギのかば焼き 本マグロ ぶり サバ さんま

ほぼ同等の量が含まれていますので、どれもオススメ!

食べにくい場合は、缶詰も賢く利用しよう^^