美胸作りに必要なオレイン酸・リノール酸・αリノレン酸とは?

美胸作りに必要な「脂質・脂肪酸」のオレイン酸・リノール酸・
αリノレン酸・スクワレンなどについて、どんな作用があるのか、
多く含む食べ物は何か?美胸作りとの関連性についてお話しています。

◎バストアップにも必要な脂質・脂肪酸について

オレイン酸 

オレイン酸は酸化しにくく、バストアップの敵、健康の敵である、
過酸化脂質を作りにくい性質なので、体にいい脂肪酸の1つ。

■オレイン酸の主要な働きとは?

  • 血中のコレステロールを減らす
  • 癌や生活習慣病を予防
  • 胃酸の分泌調整

反対に注意が必要なのは、リノール酸 紅花油やヒマワリ油など
一般的に使われてる油です。

血中コレステロールを下げる働きがありますが、
善玉コレステロールまで下げてしまう他、
体内で過酸化脂質も作られやすいというデメリットがありますので、
乳がんの発生が促進されやすく、摂りすぎには注意です。

α-リノレン酸

体の中でEPAやDHAにかわる多価不飽和脂肪酸。
体内合成はできないので、食品からの摂取は必要。

■αリノレン酸の主要な働きとは?

  • 癌やアレルギーを抑制
  • 血液をサラサラにして動脈硬化を防ぐ
  • 血圧を下げる
  • ボケなどを防ぐ
  • 脳細胞を活性化して、学習能力をアップ
  • うつ病改善
  • 血小板の凝集を抑える⇒血栓予防になる

■αリノレン酸によって得られる効果

末梢細胞への血液循環も良好になりますので、
特に冷え性でバストアップをしたい方は進んで摂りましょう!

■αリノレン酸を多く含む食品って?

くるみ 大豆 きなこ カツオの油漬け缶詰

■αリノレン酸の有効な摂り方!

αリノレン酸もとても酸化しやすく、過酸化脂質を生み出しやすい
特徴がある脂肪酸なので、できる限り、生のオイルをサラダにかけたり
マリネ風にするなどしていただくようにしましょう!

αリノレン酸が多いのは、シソ油、えごま油、亜麻仁油ですね。

 

スクワレン

二十歳を過ぎると生成が減っていく成分。
酸素を運んでくれて、細胞を活性化させるので、
バストアップにもかなり良いとされる成分です。
あまり有名ではありませんけどね^^

■スクワレンの主要な働きとは?

  • ホルモンの分泌を活発にし、体の調子を整える
  • 新陳代謝を活発にする
  • 内臓機能を強化
  • 免疫力を高める
  • 老化やがんを防ぐ
  • 強い浸透力で皮膚を保護するなど

体の隅々にまで酸素を運んでくれるので、
バストなどの細胞にも酸素がいきわたり新陳代謝がアップ!
これで細胞がかなり活性化され、卵巣機能も向上します^^

さらに、体の中に入ると、コレステロールにかわるので、
女性ホルモンなどの成分になるので、ホルモン分泌も
活発になる!というわけですね^^

■スクワレンを多く含む食品

オリーブオイル  綿実油  深海ざめエキス など

オリーブオイルは本当に重宝するオイルですので、
ご自分で料理をされるときには必須食材ですよね~

私は、ほとんどの調理にオリーブオイルを使ってます!
小豆島さんのオリーブオイルはいいですよ♪