バストマッサージで胸周りの血液循環促進!下半身太り女性

バストマッサージで胸周りの血液循環が促進されることによって、
予想以上によいバストアップ効果を得ることが可能になります。
下半身太り、上半身ガリガリタイプの女性にはバストマッサージも有効ですので、
是非参考にされてみて下さいね!

バストマッサージがバストアップ効果をもたらすメカニズムとは?

バストマッサージが胸を大きくするにはいいことだ!という
認識のある女性は増えていますが、一体何がどうなって
バストアップに良いのか?についてお話しますね。
まず、現代女性は筋肉が減少している傾向にあるため、
体温が下がりがちで、体が冷え気味です。
冷えている体内の血液の流れというのは、あまりよくなく、
血液循環の悪さが冷えをさらに引き起こしています。
冷えが引き起こされると、女性ホルモンを分泌している卵巣も
働きが鈍くなり、女性ホルモンの分泌量がへります。

さらに、筋肉量の低下によって姿勢も悪い女性が多いため、
胸周りの血液循環はかなり悪い場合が多いです。

特に肩が前のめりになってしまって、巻き込んでいるタイプは胸部が圧迫されている
時間が長いため、思うような血液循環が行えず、胸の細胞を成長させたり
新陳代謝を良くする栄養や水分、酸素の他に、卵巣で分泌された女性ホルモンもしっかりと
胸の細胞に行き届いていません!!

特に上半身痩せで下半身太りの女性はこの傾向が強いです。

 

これによって、胸の細胞は女性ホルモン(エストロゲン)を
受け取ることができないので、エストロゲンは、細胞の中にある
エストロゲン受容体に結合ができないため、胸の乳腺を発達させる
作用が出来ないままになっています。

 

それが、マッサージによって血液の循環が良くなると、
卵巣で分泌されたエストロゲンが胸の細胞までしっかりと
到達し、エストロゲンの受容体に結合することができるようになるので、
乳腺を発達させていく作用が出来やすくなるわけですね!

 

しかも、正しいマッサージ法を正しい順序で行うことによって、
胸の細胞にたまったカス(老廃物や不要な毒素)をリンパへと流し、
体の外へ排出することが、非常にバストマッサージには有効なんです。

 

不要なものが胸の細胞に残っていると、正しく新陳代謝ができないため、
胸の細胞は作られにくくなるので、バストアップできません。

もしマッサージの順番や方向などを間違ってしまうと、
リンパが逆流して、老廃物が胸にもどされてしまったり、
胸の脂肪が燃焼されやすい状態になってしまったり、と
バストアップを妨げてしまう結果に…。

だから、バストアップマッサージを行う時には
正しい方法を実践することが非常に重要だったのですね^^

 

上半身がガリガリで下半身太りタイプのバストアップのポイント(他の2つ)はコチラから