プエラリア摂取のリスクってあるの?サプリでバストアップしたい

プエラリアの摂取によってリスクはないのかどうかについて、参考文献を読 みあさり、勉強してまとめました。リスクなくバストアップをしていきたい 方は是非読んでいってくださいね^^


プエラリアミリフィカを摂取すると前ページで述べたような、
強力な「デオキシミロエステロール」の作用によって、
バストアップしたり肌がキレイになったりという
目に見える「一見良さそうな効果」が出てきます。

昔の管理人も含めて、「目に見える効果」を求めて
プエラリアの摂取を検討したり、試したりするのだと思いますが、
プエラリアの摂取ってリスクがないのでしょうか…?

その答えは「ホルモンバランス」にありました。

プエラリア摂取のリスクとホルモンバランス

私たちの体はすべてバランスが取れてこそ健康で
美しい状態が保てるのです。

しかし、ホルモンバランスが崩れると一気に美しさも健康も
損なわれ、不快症状に悩まされてしまうといえます。

その一つに、「エストロゲン」と「プロゲステロン」の
女性ホルモンのバランスがあります。

エストロゲンとプロゲステロンはある一定の量を保ちながら
生理周期に合わせてどちらかが優位になり、
バランスを保っているのですね。

ところが、プエラリアだけを摂取することによって、
「エストロゲン」だけが急激に多くなってしまうと、
エストロゲンとプロゲステロンのバランスは崩れてしまいます。

エストロゲンが過剰になってしまうと、
非常に多くのやっかいな影響が出てしまうとご存知ですか?

エストロゲン過剰で起こってくる症状例
  • うつや神経の不安定さ
  • 体重が増えすぎる
  • むくむ
  • 頭痛
  • 性欲減退
  • ストレスに対抗できなくなる
  • イライラ
  • 気分のむら
  • 慢性的な疲労

などの症状が出ることに加え、

  • 子宮筋腫
  • 子宮内膜症
  • 乳腺線維嚢胞症
    などになりやすいという特徴があります。

また、より多くのエストロゲンにさらされ過ぎることによって、
乳がんとの関連性も出てきます…。

エストロゲンが過剰になりすぎる状態を抑えているホルモン

でも、私たちの体内には、しっかりとエストロゲンのこのような
強烈な嫌な症状を制御して、守ってくれているホルモンも
ありますよ^^

それが「プロゲステロン」だったのですね。

このプロゲステロンは、残念ながら、エストロゲン以上に
減っていきやすいホルモンなのですが、あまり注目はされていないようです。

プエラリアによってエストロゲンが体内にどんどん増えすぎると、
プロゲステロンの役割が追い付かなくなるため、
上記のような不快症状がどんどん出てきて、病気との関連もでてきやすく
なってしまいます。

ですので、どうしても、プエラリアでホルモン活性をしたい!
バストアップしたい!という方は、「プロゲステロン」も
しっかり補ってあげる、ということを意識されてくださいね。

<関連記事>

女性ホルモンに直接的な影響を与えずにバストアップする方法⇒

プロゲステロンを賢く補う方法はサプリメントじゃない?そのワケ⇒