生理不順でプエラリアを飲むと生理がくるといわれるのはなぜ?

生理不順でプエラリアを飲むと生理がちゃんと来るようになる理由と
メカニズムを調べてみました。生理不順でプエラリアを検討されている方も
参考にされてみて下さい!

プエラリアで生理がくると言われている理由って?メカニズム調査!

生理不順の原因というのが女性ホルモンのエストロゲンの分泌が
ちゃんとできてないということで起きている場合が多いといわれています。

エストロゲンが不足すると生理がちゃんと来ない理由

生理って、子宮の内側を覆っている内膜というまくが、
一定の周期を経てはがれて体外に排出されていくというものです。

そもそも、なぜ、子宮の内膜が毎月準備されているかって、
お分かりの通り、「赤ちゃんを育てるため」ですよね。
体が成熟してくると、いつでも妊娠して子孫を反映できるようにと、
着々と準備を進めています。

つまり赤ちゃんが誕生した瞬間から必要になる栄養やベッドを
しっかりと用意しているというわけです。
ところが、用意していても受精卵が精子と結びついて受精が
成り立たなかった場合、不要になってしまいます。

赤ちゃんに届けるために蓄えておいた栄養素は生ものなので、
ずっと置いておくわけにはいきませんよね~
だから栄養もベッドも一度綺麗に整頓しなおすのが、「生理」です。

月経が終わると、体はエストロゲンを増やして、精子と結びつくための
卵胞、卵をまず成熟させていきます。卵巣はエストロゲンを増やすために
一生懸命分泌していくと、エストロゲンはどんどん分泌されて、
血液を通して、胸の乳腺を発達させたり、女らしい体つきをつくるという
作用も同時に行っていきます。

そして、血中のエストロゲンが十分に増えてくると、脳に信号がいき、
その信号を察知して、エストロゲンを分泌させるためのホルモンを
減少させ、今度はプロゲステロンを分泌させるためのホルモンがでます。
それによって、エストロゲンによって成熟した「卵胞」が卵巣から
放たれて、精子と出会える場所まで行きます。(排卵という)

ところが、エストロゲンが少ない場合、
卵子が十分に成熟できない(先ほどの卵胞が育たない)ため、
排卵もされないんですね。

先ほど言ったように、血液中のエストロゲンが十分に増えると、
今度はプロゲステロンを分泌させる信号が出て排卵を促す仕組みがあるため、

エストロゲンが少なすぎる場合は、プロゲステロンを出す信号に
切り替わらないわけで、排卵がされない場合も多いです。
また、排卵するまでにかなりの時間がかかってしまうこともあり、
これが生理不順になる原因にもなります。

だから、プエラリアを飲むと、不足していたエストロゲンが
プエラリアの作用によって補われるため、「生理」のメカニズムが
整いやすくなるので、生理不順の症状は改善され、
規則正しく生理がくるようになるというわけです。

エストロゲンの分泌が少ない女性の場合はですよ~
しかも、やっぱりプエラリアで生理不順をどうにかしていくというのは
あまりお勧めしません…

<関連記事 予定>
プエラリアと乳がんの関係について⇒

プエラリアより安心な方法でエストロゲンを増やす方法ってある?⇒