上半身ガリガリなのに下半身太り体質!これには大きな理由があった!

上半身がガリガリなのに下半身ばかり肉がついてしまうのには
理由があると、前のページでもお話しました。

それは、血液循環の問題ですが、
上半身はガリガリなのに下半身は太る体質であるのは、
血流を阻害している問題があなたの体に潜んでいるからなのですね…。

地球上には重力がかかっていて、なんでも下に下がろう、下がろうとする
ようになっています。

人間の体も同じで、下に下がろうとします。
私たちが摂取した食べ物の栄養素は、胃や腸で分解吸収され、
血液によって全身の細胞へ酸素とともに運ばれます。

しかし、血液循環が悪いと、体のすみずみまで運ぶことができず、
体の中のたまりやすい部分にばかり、血液によって届けるべき栄養などが
溜まっていきます。

そのたまりやすい場所というのが、下半身なのですね。

そして、溜まった栄養素をどんどん取り込んで細胞が肥大化して行くと起こるのが、
下半身太りなのです。

下半身太りで上半身がガリガリな理由は、
下半身とは逆に、上半身には血流不足によって、栄養や酸素が届きにくく
なってしまうことが原因で、肉がつかなくなってしまうのです。

上半身には、私たちが活動したり意識しなくても動けるような
生命活動には重要な臓器が詰まっています。
生命維持活動をするためには、たくさんのエネルギーが必要なのにも関わらず、
血液循環の悪さから、しっかりと酸素や栄養素が運ばれないので
上半身に肉がつかずに燃焼されてしまいやすくなります。

しかもこのことが、バストにも大きな影響を与えていたのです…

バストは、女性ホルモンの作用を受けて、乳腺が発達して、
胸が大きくなるという仕組みがあります。
その女性ホルモンは卵巣でつくられて分泌されていますが、
女性ホルモンを胸の細胞まで運び届けるのは、「血液」です。

血液の流れがしっかりと促進されているほどに、女性ホルモンが
バストの細胞に届けられ乳腺を発達していきやすい状態になるのですね^^

ということは、下半身太りの女性は、血液の循環が悪く、
下半身に滞留しがちになっている、血液をしっかりと全身に循環させて
あげることができるようになれば、下半身太りが改善されるとともに、
バストアップも成功しやすくなる!というわけなのですね^^

ところが、下半身太りの女性は、血液の循環を阻害している
もう一つの大きな問題がある可能性が高いのです!

下半身太りで胸がない女性が抱える大きな問題とは⇒