痩せすぎ低体温女性の効率的なエネルギーの補い方!冷えない体作り

痩せすぎで低体温の女性の場合は、「冷え」に常にさらされてしまいます。
体が冷えると、体調が悪くなるだけでなく、
バストダウンや下半身太りなど体型の変化にも影響が出てきますので、
体を温かく、体温維持することは非常に重要なのですね。

特に痩せすぎの女性の場合は、35度台の場合が
非常に多いのではないでしょうか?

平均基礎体温が低いと、新陳代謝が悪くなるので、
バストや肌などの新しい細胞がつくられにくくなり、
どうしても、バストアップが難しくなります。

胸の細胞も体の細胞も常に新しく作り変えられていて、古い細胞は
老廃物やかすとなって体のそとに排出されたりしているのにもかかわらず、
新陳代謝がうまくできないために新しい細胞がつくられず、
古い細胞が残ったまま。

そのせいで、肌のたるみやシミなどが増えたり、
バストが垂れたり、たるんだりと、一気に老化してしまうわけです。

体が冷えているということは、内臓機能の働きも鈍りますし、
血流不足によって、ホルモン分泌も低下、すべての機能に影響が出てくるわけです。

自分がいかに「冷え」ているかを知るには、「基礎体温」を計るのが一番です。

基礎体温の変化が体に影響をどのように与えているのか
前のページでお話しています。

そんな女性が基礎体温を上げて、「冷え」から体を守るためには、
体温を保つための「効率的なエネルギー補給」も大事です。

消化吸収が早く、素早くエネルギーに変換される食べ物とは

体温が下がってきた緊急事態!冷えを止めたい!という時に
素早く吸収できる食材は・・・

有名なのは、うどんやパスタなどの粉物ですが…。
でも、これらは消化吸収が早い分、すぐにお腹が空くので、
これだけの食事ではNG!しかも、体を冷やしやすい食材の部類でもあります。
あくまで、ピンチの時のお助け隊として考えておけばいいかもしれません。

おすすめなのは、バナナやカロリーメイトなどがオススメです。
バナナやカロリーメイトって、ビタミン類が方法な上に、効率的に
エネルギー吸収ができるものなので、重宝しますよ!

ウィダーインゼリーなんかも吸収が早いエネルギー補助食品ですが、
冷蔵庫でキンキンに冷やしておいたものを食べるのはNG!

冷えた物を体内に入れると、余計に体が冷えやされてしまいます。
低体温の女性の場合は、うまく体温を上げ、保つことがとても大事で、
それが、バストアップや下半身太り解消の小さいな手立てにつながるわけですね^^

体を温めてくれる食材って?低体温脱出でバストアップ!⇒