冷えに悩む低体温タイプの女性が朝食で気を付けるべきことって?

冷え性で低体温タイプの方は、体の不調だけではなく、
バストが大きくならない悩みや下半身ばかりが太る悩みなども
同時に抱えておられませんか?当サイト「ビムネコーデ」では
冷えを改善しながらバストは大きく、下半身はスリムにしていく
方法などもいろいろお話しています。

朝一番にあなたがいつも飲んでいるのは何ですか?

ホットコーヒー?
アイスコーヒー?
牛乳?
あったかいお茶?

本来なら、冷え気味の女性は、朝いちばんに摂る水分は
温かいものの方が望ましいわけです。
冷たい水が体内に入ると、血液を一気に冷やし、流れを悪くさせてしまうからです。

冷たいものを飲んだ時の体のメカニズムについて

冷たいものが体内に入ると、交感神経は一気に緊張状態になります。
そして、交感神経が優位になると、体は血管を一気に収縮させて、
体を守ろうとします。

実はこの時に、免疫力を保つための、リンパ球の働きも格段に悪くなり、
免疫力は低下し、老廃物を排出する能力も急激に低下します。

体温が1度下がると免疫力は30%以上低下してしまうのです。

温かいものを飲んだ時の体のメカニズムについて

逆に温かいものが体内に入ると、副交感神経が働き、
アセチルコリンという神経伝達物質が分泌されます。
これにより、リンパ球の働きは良好になり、体が温まるので、
体温があがります。体温上昇によって、血液の流れが良くなるため、
さらに新陳代謝は良くなり、副交感神経の効果でリラックスもできます。

交感神経と副交感神経のメカニズムについてはコチラでお話していますが、
このリズムは非常に重要で、「交感神経」ばかりが優位になっていると
バストアップにも下半身太りなどにもいいことは1つもありません。

温かい飲み物をうまく利用しながら、いつも体温を高めておけるように、
気をつけながら生活していきましょう!

体を温める作用のある食べ物はコチラ⇒