バストアップにはリンパマッサージとツボ押しが有効なワケと方法

上半身がガリガリで下半身は普通、いやよく肉がついているという女性は
特に老廃物をしっかりと排出していくことが望ましいですよね。

バストの周りに老廃物って結構たまりやすいんですよ…
そのワケについてお話します。

バスト周りに老廃物が溜まりやすいワケって?

まず、老廃物は、血液やリンパによって排出される場所まで運ばれて、
尿、汗、便などとなって体の外に排出されることは前のページでお話しました。

ところが、バストって、実は血液の流れやリンパの流れが
悪くなりやすい場所なんです…。

なぜなら、バストは90%が脂肪でできているから!なんですね。
よく、「冷たいバスト」「バストが冷える」って言葉を聞いたことがありませんか?
実際にあなたのバストを触ってみて、「何となく他よりも冷たい・・」って感覚が
あるかもしれません。

バストって、実はかなり冷えやすい部分です。
そは脂肪でできているということが冷える要素なのです。
脂肪は血液が通っていませんので、他よりも温度が低くなります。

ですので、脂肪が多いバストでは、どうしても体温が低くなり、
そのせいで、血液の循環は他よりも悪くなります。

しかも、バストには、筋肉がありません。
大胸筋という胸を支える土台のような筋肉はありますが、
胸の乳房の中には筋肉はなく、乳腺と脂肪です。

ということは、筋肉を動かすことで流れやすくなる「リンパ」(老廃物回収やさん)が
なかなか通行できにくい部分であるというわけですね…。

バストの細胞も、毎日新陳代謝を繰り返し、古い細胞はゴミになり、
新しい細胞がつくられ、作られる際にでた栄養のカスなどが溜まります。
血液やリンパの流れが悪ければ、ごみの回収やさんがしっかりと運べず、
どうしても、胸の細胞の周りにゴミがたまっていきます。

ゴミがたまった所には、残念ながら、新しい栄養や酸素、水分を運び込むことが
出来なくなるわけです…(-_-;)
だから、バストの細胞が新しく作り変えられたり、発達したりする栄養が届かず、
胸は成長どころか衰退しやすくなる、というメカニズムがあるわけですね…。

だから、バストアップしたい方、美胸を保ちたい方は
絶対的にバストには重点的に血液やリンパケアが必要になってくるわけです。

バストの血流やリンパのケアってどうすればいいの?

それは、有効なのが、ツボ押しやリンパマッサージ、バストマッサージなどですね^^
みなさん、バストマッサージなんかは良くされていると思います。

でも、そのバストマッサージ、大丈夫ですか??
バストマッサージも適当ではダメなのです…残念ながら。
バスト周辺って、大事なリンパが集まるリンパ節がたくさんあります。

そのリンパって、流れる方向が決まっていて、結構複雑だったりしますので、
適当なマッサージだと、リンパを逆流させてしまって、
余計に老廃物を胸などに押し戻している可能性もあるわけです…。

ですので、先にリンパの流れる向きや有効なツボについてお話しておきます。

バストアップのツボ

まず、バストアップにもおススメのツボに「乳根―にゅうこん」というツボがあります。
乳根は女性ホルモンの分泌を促してくれるバストアップには重要なツボですので、
しっかりと押していきましょう^^

乳房の真下から指2本分下がった場所にあります。
中指の腹をツボに当てて、押し上げるようなイメージでグーッと数回押していきましょう^^
呼吸に合わせて、吐くときにグーッと押すとよいですよ!
<br/>

上半身のリンパの流れる方向についてです。

特に上半身のリンパは、上から下に流れているのではありませんので
ご注意を!どうしても、重力に従って、上から下に流れていると思いがちですが、
お腹周辺や胸の下あたりのリンパは、左右の脇下のリンパ節(腋窩リンパ節―
えきかりんぱせつ)や鎖骨部分にある(鎖骨リンパ節)に流れていきます。

ですので、方向としては、左半身は左脇へ右半身は右脇へという感じで流れが決まっています。
ですので、その流れを逆流させないでマッサージ、リンパ流しをしていくことが
大事なのですね^^

このような図などを参考にしながら、自分でバスト周辺の
リンパマッサージなどを行っていくのもよいですが、
個人的には「バストアップしたぞー!」というほどの効果は
なかなか感じられずに困っていました。

やっぱり、効率的に流していくってことが
出来ていなかったんでしょうね・・(-_-;)

でも、こんな素敵なリンパ流し方法に出会ったので、
ご紹介しておきます^^⇒