痩せにくい体質改善法とは?燃焼力低下の原因解消で1ヶ月後は…

痩せにくい体質の女性の多くは、なかなか痩せないから、といって、
過酷なダイエットを繰り返してしまっていませんか?
痩せにくい体質の女性がダイエットした場合、どうしても胸から落ちていきますよね?

実は、痩せにくい女性の多くが抱える「痩せにくさ」の問題の奥には、
「原因」となることが潜んでします。その原因を解消することで、
短期間でも無理なく痩せられる体質に変わっていけますので、
ちょっとここで考えていきましょう!

体を痩せにくくしている原因ってなに?

体を痩せにくくしている原因にはいくつかあります。

① あなたの体の筋肉量は大丈夫ですか?

学生時代は普通体型でも、大人になると太りやすくなる原因の一つに
運動量の低下による「筋肉衰退」が関係しています。

筋肉は使わなければ、落ちていきやすいという性質もありますし、
筋肉が減ってしまうような食事制限のダイエットをした経験がある方なら
尚更、筋肉量が減ってしまっています。

筋肉は、いわゆる「脂肪燃焼工場」の1つです。
体に蓄えられている脂肪は「筋肉」という工場でエネルギーに変換されて、
使われてなくなるわけですね。筋肉がエネルギーを使うときは、
筋肉を動かすときですから、運動量が低下してくると、筋肉が使われず、
脂肪がエネルギーに変換されずにそのまま体に残るので、痩せません。

② そして最も重要なのが「血液循環」

人が脂肪などを燃焼させるためには、「良好な血液循環」が必要です。
なんといっても、脂肪細胞に溜め込まれている脂肪を燃焼される工場や
燃焼している場所(筋肉や内蔵です)まで運ぶのは、「血液の役目ですから」。

その血液の運搬屋さんが脂肪細胞という倉庫と燃焼工場の間を運搬してくれなければ、
脂肪は燃やされる機会がない、ということなのです。だから溜まりっぱなし。
脂肪細胞の倉庫はもう、脂肪だらけでいっぱいになってます。

そんな血液は、実は次のようなモノたちに「運搬業務」を邪魔されています。

・老廃物というゴミ
・コレステロールという通行妨害者
・冷えという燃料凍結
・貧血というガス欠

コレステロールは脂肪分の多い食事や、過酸化脂質を含む食べ物ばかりを摂取していると、
どんどん血管の壁に張り付いて、血液の運搬屋さんが通るべき道路の幅を
狭めてしまっています。

冷えは血液の流れを遅くして、毛細血管の細い道路には行き届きにくくなる状態を作ります。
貧血はガス欠と同じ。血液という運搬屋さんが元気に働くための栄養分が不足気味の
状態ですね・・・(鉄分や良性のタンパク質(アミノ酸)不足で起こります)

そして、多くの女性が見過ごしがちな「老廃物」というゴミ。
このゴミは、びっくりするほど溜まっていきやすいものです。
なぜなら、私たちの細胞が新しく作られたり、取り入れた食べ物を栄養として
食べたりしたあとにでる「残りカス、ふん」のようなものです。

老廃物がたくさん溜まったあなたの体は、いわゆる「ゴミ屋敷」!
そんなゴミ屋敷の体内では、血液の運搬屋さんが近くまできても、
「脂肪細胞倉庫」から脂肪を取り出して、燃焼工場の筋肉までちゃんと運べますか??

無理ですよね?

それがあなたの体内で、脂肪燃焼を妨げている一番の原因です。
しかも、運動不足の女性の場合、粗大ゴミ回収業者の「リンパ液」の流れも悪いため、
粗大ゴミも回収されずにそこらへんの道路を埋め尽くすほど、溜まっている可能性が大です!
これでは、血液もリンパ液も脂肪を燃焼向上まで運び、そして新しい栄養や酸素、水を
それぞれの細胞の家まで運び込むことはできません!
だから「痩せにくい体質」=「新陳代謝が完全に落ちている」ということなのです。
この状態でいくら運動などを行っても、予想以上に痩せませんし、
食事制限をすれば、余計に体温低下で血液循環が悪くなって、
燃焼効率は下がってしまい、痩せられない状態となっていくわけです。

では血液やリンパの運搬屋さんの流れをスムーズに保っておくためには
何が必要なのでしょうか?⇒