ウォーキングダイエットは胸が小さくなる?胸痩せはしたくない方

ウォーキングダイエットだと胸が小さくなるのか心配な方へ。
ウォーキングはランニングに比べると、胸痩せはしにくい
有酸素運動の1つでもあります。

しかし、いくら胸痩せしにくい運動だからといっても、
ウォーキングは全身運動。全身の脂肪が燃焼されやすい状態となるので、
どうしても胸痩せは起こってしまいます。

胸を痩せさせない方法の1つとして、
ウォーキングで胸が揺れて燃焼するのを防ぐため、
バストを強めのスポーツブラなどで固定する方法があります。

これは、外的な燃焼要素から守ったに過ぎないので、
内側からの燃焼は避けられませんよね。
ウォーキングは体にも良いものなので、
基礎体力向上のためにも、続けるのは良いと思いますが、

こういうウォーキング方法だと完全に胸はなくなります↓

 

ウォーキングで胸痩せしてしまう人の特徴
A 1時間以上空きっ腹でウォーキングしている方
B  太ももやお腹などの痩せたい部分はセルライトがぎっしり付いている方
C ダイエットのために食事を制限し、タンパク質や炭水化物などを減らしている方

このような女性の場合は、どうしても胸から痩せてしまう傾向が強いです。
なぜなら、Aの空きっ腹の状態の時って、確かに、体に蓄えている脂肪が
燃えてなくなりやすいですが、バスト周辺のお肉って、最初になくなりやすいです。

これは、Bの方とも関係がありますが、一番燃やしたい部分の脂肪が
セルライト化している場合、老廃物や脂肪や水などが絡み合った
一番燃焼しにくい状態になっているので、
歩いたぐらいじゃ、セルライトの脂肪は「エネルギー」に変換できないんですよね。

でも長時間歩かなければならない。空きっ腹ということは、
食事からのエネルギー補給は0の状態。
そんな中で、セルライトでもない、エネルギーに変えやすい脂肪がある部分といえば、
「胸」しかないんですよね…。体温が高い場所にあるので、
燃焼させやすいんです。胸って。

だから、ウォーキングという健康に良い方法なのにもかからわず、
胸から小さくなっちゃうわけでえスね。

では、Cのタンパク質や炭水化物を減らしつつ、ウォーキングをしている方は
どうでしょうか?これも重要ですので、参考にされていってくださいね⇒