食事制限とウォーキングだと胸痩せはしない?減らすべき食べ物とは

食事制限をしながらウォーキングをすれば、うまく痩せられるんじゃないか、
と思って、頑張っておられるかもしれませんが、それって胸痩せしないのでしょうか?
多くの方が間違っているバストと食事制限&ウォーキングダイエットについて
お話していきますね。

食事制限をされている方で、制限しているのは、
脂っこいお肉だったり、夜の炭水化物だったり、だと思います。

確かに、「脂っこすぎる」食材を食べているうちは、
いくら、燃焼させても、外からガンガン脂肪分が入ってくるので、
痩せませんよね。だから分かります。でも、お肉は「タンパク質」を
摂取する上では大切な食材でもあります。

タンパク質はバストの細胞を作ったり、女性ホルモンを分泌するのに
必要な栄養素ですから、タンパク質を抜くと、バストダウンします。
確実です。

でも「炭水化物」を減らすなら、いいんじゃない?

ここ、たくさんの女性が勘違いしている部分なんですよね。実は。

夜ご飯の炭水化物を抜いて、ウォーキングしたら痩せるんじゃないの?
確かにこの理論だと痩せますよね。

でも…、

炭水化物って、何の栄養になっているかご存知ですか?
炭水化物って、体内で変換されたら「ブドウ糖」になるわけですが、
これ、「脳」を働かせるために必要な栄養素なんですよね。

炭水化物を減らすことで脳が正常に働かなくなると、
女性ホルモンの分泌指令が出せなくなり、女性ホルモンがちゃんと
でてこなくなるからです。

女性ホルモンはバストの乳腺を維持、成長させるために不可欠な
ホルモンなので、これがなくなると、一気に胸がしぼみます。

そんな状態でウォーキングを続けていくと、
どんどんバストの脂肪は燃焼されやすくなります。
女性ホルモン分泌低下によって、乳腺が衰退してしまうと、
胸の脂肪も落ちやすくなります。

なぜって、乳腺が発達するほどにそれを守ろうとして、
胸の脂肪は 乳腺の周りについてくるものなので、
守るべき乳腺がなくなったら、胸の脂肪がついておく必要はないので、
一番に燃焼脂肪の対象となってしまうでしょう。

ですので、炭水化物もタンパク質も制限してはいけない部類です。
もちろん、ヒトよりも2倍も3倍も食べて食べすぎているという方の場合は、また別でしょうが。

では、食事制限をしてもイイ食べ物ってないのでしょうか?
このまま食べ続けていても痩せる気がしないあなたは下記必見です!

 

制限しても良い食材はなに?

それは、体の血流を阻害するような食べ物です。

・スナック菓子、インスタントラーメン、レトルト食品、ファーストフードのフライもの
これらには、過酸化脂質がふくまれているため、
新しい細胞を作り出す邪魔をして新陳代謝を低下させるので、
ダイエットの敵です!

・清涼飲料水、白砂糖、甘い砂糖菓子など
白砂糖をたくさん使ったお菓子やジュース、おかず類などは、
体を冷やすといわれています。白砂糖はバストアップの敵でもあります。
それを含む食べ物を摂りすぎると体が冷えて、燃焼しにくい状態になりますので、
こういうものは制限しましょう!

・脂っこすぎる肉の脂
特に牛肉の脂には注意が必要です。
牛肉の脂身って、焼くとすぐに解けますよね?
だけど、ちょっと放置してたら、すぐに白く固まっているのを見たことありませんか?

牛肉の脂は、冷えて固まる温度が高いので、焼くのをやめたら
すぐに白く固まります。

それが体内に入ったら…?
体温が低くなるとすぐに固まって、溶けにくく燃えにくい脂肪として
蓄積されやすくなるのですね。

ですから、牛肉の脂は特に注意してほしいです。