プラセンタで胸が大きくなるの?バストアップの栄養素が山盛り

プラセンタって、近年かなり注目を集めている美容成分ですが、
これってバストアップにもイイんですねー^^

バストアップするために必要なものが
実は「すでに詰まってる」のがプラセンタだったりするわけです。

それについてお話していきますね。

 

■なぜプラセンタでバストアップできるのか?

プラセンタにはこんなバストアップ的作用があります!

  1. 内分泌を調整して、ホルモンバランスを整える
  2. 自律神経の乱れを整える
  3. 基礎代謝をあげて、各内臓や器官の働きを活性させる
  4. 活性酸素を取り除く
  5. 精神を安定させる・疲労回復
  6. 肝臓の働きをよくする
  7. 血液循環をよくしていく
  8. 血液を作り出す作用

■何がどうバストアップに関係するの?

と思われるかもしれませんね。
1.のホルモンバランスを整える作用は、バストアップに重要です。女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンのバランスがくずれると生理周期にも問題がでてきますし、体のリズムがすべておかしくなってしまいます。

2.自律神経が乱れっぱなしの状態だと、女性ホルモンを正しく分泌する指令が脳から出せなくなるため、女性ホルモン自体が低下してしまいます。

5.精神の安定がなければ、(特に疲労やストレスなどで)2の自律神経に大きく影響を及ぼし、乱れさせてしまいます。

こうした女性ホルモンの変化によって、バストの乳腺への刺激や発達が減少すると、バストアップはできなくなります。

3の基礎代謝が下がってしまうと、バストの細胞が新しく作り変えられたり、増やされたりする、ということもできにくくなります。過酷なダイエットで基礎代謝がかなり低下している女性が増えていますので、そういう方は、体は太りやすくなるのに胸は一向に大きくならないという特徴があります。

4の活性酸素を取り除くというのは、当サイトのインスタント食品や過酸化脂質などのページでもお話していますように、活性酸素は体の細胞が元気に働き、新しく生まれ変わるのを阻害する敵のようなものです。

ストレスをためたり、インスタントや過酸化脂質を含むファーストフードなどをよく食べている女性の体内では活性酸素がどんどんでてきて、体の細胞をどんどんこわしています。だから活性酸素は特に手早く解消させておきたいもののひとつなのです…。

 

6.肝機能が低下すると、体内の毒素がなかなか排出されずに体の中は毒が充満する恐れがあります。こうなるとバストアップのために摂取したよい栄養素もバストに運ばれませんし、毒素の影響をうけて細胞が老化・死滅する場合も増えます。

7.・8.血液循環を良くすることと、血液を作り出すことはバストアップにかなり重要な役割を果たします。血液量が多く、血液循環も良い体内では、栄養や酸素、水分をバストの細胞に届けやすく、不要になったゴミなどは細胞の外へ運び出すことがスムーズなため、新陳代謝がよく、バストが成長しやすい環境なのですね^^

これは、女性ホルモンをバストの細胞まで運び入れるのにも最高の環境で、血液循環がよくて女性ホルモンバランスもイイ!という女性の体内では、どんどんバストの細胞が新しく増やされて、大きくなりやすいわけです!

このような点を踏まえても、プラセンタがバストアップを支える
かなり有効なバストの栄養源となるのは間違いないですよね~^^

プラセンタでホルモンバランスを良好にし、バストアップしたい方は⇒