ダイエットと言えば食事制限とランニング?コレで痩せない理由

ダイエットして、少しでも綺麗になって、
憧れの人と…とかカワイイあの服を着るぞー!と
意気込んで食事制限とランニングを始めたあなた。
最初は体重も思うように下がっていくので喜んでいたと思います。

でも・・・     理想の体型になれてますか?

ダイエットで食事制限とランニングを同時に行えば、
摂取量が少なく、エネルギー消費量が増えるので
一時的にどんどんやせるんですよね。

でもその時に燃やされていたものは「脂肪!」って
思い込んでいませんか?

確かに脂肪も燃焼されてはいるけれど、
もっと燃焼されているのが、「筋肉」なのですね。

体の中の蓄えている物や摂取したものが
燃えていく順番って実は決まっていて、

エネルギーに変わりやすい炭水化物が
なくなると、次は「蓄えているたっぷりの脂肪」が
燃えてるって勘違いされている方が非常に多いです。

でも、燃えているのはあなたの筋肉。

この筋肉が燃えてなくなってしまっているせいで、
あなたの「代謝能力」はダイエットの体重減少と
ひきかえに、どんどん低下していますよ!!

代謝能力が低下すると…

代謝能力というのは、寝ていても私たちが
内臓を動かしたり、体温を維持したりするときに働いている
体の機能全体が元気に働いて、エネルギーを消費していくことです。

普通の人は、夕食後ってものすごく運動ばかりしなくても、
急激に太りません。あんなにしっかり食べるのに。
それは、基礎代謝力があって、寝ている間に、何もしなくても
体に入ってきたエネルギーがどんどん消費されるので、
体にたまらないんです。

でも基礎代謝力が落ちてくると、寝ている間に
全然エネルギーが使われないので、食べた分だけ太るという
太りやすい体質に変貌していきます。

それを引き起こすのがあなたが頑張っているそのダイエット法!
「食事制限+ランニング」だったりします( ゚Д゚)”

食べ物によるエネルギーが入ってこないのに、
ハードな運動ランニングをするので、体はこまって、
2番目に燃え出しやすい「筋肉のタンパク質」などを
エネルギーに変換させてなんとかパワー不足にならないようにします。

すると、筋肉はどんどんタンパク質などエネルギーをとられてしまい、
あっという間に、筋肉は衰退してしまいます。

筋肉が衰退すると、もう、基礎代謝を上げることはできません。
寝てる間もほとんどエネルギーを燃焼させることができず、
脂肪は消費燃焼されません。だから、体温も上がらず、体は冷えて、
もっと太りやすく
なってしまうわけです。

 

『だからどれだけ頑張っても痩せることができない!』

こういうダイエット法では、筋肉が落ちると同時に
バストの脂肪も燃焼されやすいので非常に注意が必要ですよ。

バストの脂肪は比較的燃えやすい性質があるため、
脚などの脂肪よりも先に燃えてなくなりやすいのです。

食事制限をして運動をするのは、体にとって過酷な状況のため、

燃やしやすいものはどんどん燃やしてしまう…

それが「胸の脂肪」だったんですね。
バストには90%も脂肪がついてますから…

じゃあ、どうすれば、効率的に「基礎代謝を上げて」
綺麗に痩せることができるのか??