乳腺に脂肪をつけるにはどうすれば?効果的な方法とは

乳腺に脂肪がつく時ってどんな時がご存知ですか?

それは、乳腺が発達増殖したときです。

乳腺は赤ちゃんにおっぱいを飲ませる時に必要な
器官なので、乳腺が損傷するのを防ぐために
乳腺の脂肪を増やして守る仕組みがあるわけです・・・

ですので、乳腺に脂肪をつけるには、
「乳腺を発達増殖させる」ことが必要です。

乳腺が発達するときってどんな時?

乳腺は思春期にどんどん発達してきます。
思春期には、卵巣機能が発達して、
女性ホルモンをたくさん分泌できるようになるので、
女性ホルモンの作用で乳腺が発達します。

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンがあります。
この2つともが乳腺の発達に大きくかかわっています。

エストロゲンは乳腺細胞を増殖させる作用があります。
もともとエストロゲンには、細胞を増殖させるという
働きが備わっているので、エストロゲンが血液の流れにのって、
バストの細胞に到達したときに、乳腺を増殖させるのです。

次にプロゲステロンは乳腺を発達させます。
乳腺の線が長くなるというイメージ。
木の枝から枝がのび、さらに枝に葉がついていくようなイメージ。

エストロゲンは毎月の生理が始まると分泌が減ります。
生理前にはプロゲステロンの分泌も増えるので、
胸がパンパンに張るわけです。

ところが、生理前でも胸が張らい方や張らなくなることはよくあります。
それは、女性ホルモンの分泌がダイエットなどによって
低下している場合や年齢によるホルモンの分泌低下などです。

年齢などは仕方ないですが、
ダイエットやストレスなどによる女性ホルモンの分泌低下や
ホルモンバランスを崩すようなことは
バストの乳腺発達には大ダメージとなりますので、衰退しやすくなります。

逆に言えば、女性ホルモンをいつも活発に分泌できる体を
維持することでバストは育ちやすく、大きさも保たれやすくなります。

しかし、女性ホルモンを増やすことが出来れば
乳腺が発達するというわけではないんですよ!

女性ホルモンの分泌はかなり重要な位置にあるのは確実ですが、
さらに重要なポイントってありますから・・・

女性ホルモンを増やすだけでは乳腺発達ができないワケ⇒